商品一覧


健康情報

  
 健 康 情 報
 痛 み

 何故痛みは起こるか

 私たちの体内には、無数の神経が網の目の様に走っています。その神経の走向や分布に沿って発作的に激しい痛みを繰り返すのが、“神経痛”です。 この神経痛には、電気が走るような、裂かれるような、引きつるような、…などと痛みの症状は激しく、その為睡眠もとれず、食事も出来なくなり、神経過敏の状態にまでなることがあります。


 漢方の見方

 漢方では、痛みの原因である毒が溜まりやすい神経痛体質は、気(気持ち・神経)血(血液・ホルモン)水(水分代謝)の乱れから起こると考えられています。

気の乱れ…元気が無い・イライラする・痛みに敏感になる。
血の乱れ…血行不良・ホルモンの分泌状態が悪い。
水の乱れ…水分代謝が悪くなり、体内に不良水分が溜まる。


 神経痛の薬物とは

 一般的に、神経痛に対しては、激しい痛みを一刻も早く取り去りたいが為に、鎮痛剤・抗炎症剤などをすぐに用いてしまいますが、現在のこういった薬物療法は、一時的な対症療法にしかすぎず、痛みを起こしている原因が改善されるという訳ではありません。その上、このような薬を長期間服用すると、胃腸障害・貧血・発疹・浮腫み・めまいなどの副作用も現れてくることがあります。

 漢方では、気・血・水の乱れを整え、体質からの改善が必要になります。そして、漢方では個人個人の病気の原因・体質に合わせて選薬をしていきます。


 神経痛の養生法

気の養生…イライラや不安感をなくし、落ち着いた気持ちで生活をしましょう。そして、睡眠はたっぷりとって、身体は充分に休ませましょう。
食の養生…痛みを増す刺激物(酒類・コーヒー・香辛料)やタバコは控えましょう。また、脂肪分の摂り過ぎや偏食はやめ、栄養バランスのとれた食事に心掛けましょう。その他、患部を冷やさない、適度に身体を動かす、規則正しい排便を習慣づけることも大切です。


 神経痛やリウマチに良い民間薬

ヨモギには、血行をきれいにする葉緑素が豊富に含まれている他、ヨモギ特有の芳香は精油の一種で病原菌を寄せ付けない作用があります。又、ビタミンA・Cも豊富です。このようないろいろな成分の相乗作用によって、ヨモギは食べてもよし、煎じてもよし、お風呂に入れてもよし、塗ってもよし(虫さされに効く)と大変よい生薬です。


店内で、漢方煎薬が飲める薬局
清和堂薬局
新座市野寺2-7-21
048-478-2790
定休日は日曜日・祝日です。
漢方煎薬 1包 418円

ティーバック式漢方で、簡単で便利な『レンジで5分』で出来上がり、豊かな味と香りを楽しめます。
ページの先頭に戻る

  トップページ / 商品一覧 /  店 舗