商品一覧

 
健康情報

 

 
 健 康 情 報
 夏バテ

今年の夏は、天候不順により気温の高低差が激しく、身体に多くの負担をかけています。
 「最近身体がだるくて……」「食欲がなくて何も食べられない……」と夏バテの症状を訴える人が多いです。

夏バテの症状
身体のだるさ
 身体は『暑さ』というストレスを受けることにより、『だるさ』などを訴えるようになります。
 さらに、室内の冷房の効きすぎや、外気との気温差が大きくなることで冷房病になりやすくなり、そのことも『だるさ』に関係してきます。

2 食欲不振・消化不良などの胃腸障害
 気温の上昇に伴い、胃液などの消化酵素の働きや胃腸機能が低下し、食欲が落ちてしまいます。
さらに、暑い夏には冷たい飲料水を取ることが多くなりますので、胃腸が冷えて消化不良を起こすことにもつながります。
 こうしたことから、食欲がなくなって食事を抜いたり、食事の量が減ることになってきます。
この結果、栄養のバランスが崩れ、必要な栄養素が不足しやすくなり、ますます体調が悪くなります。


 夏バテ対策
1. 夏野菜を食べよう!                          

a. 枝豆
 過剰な熱エネルギーを冷まし、体内にたまった余分な水分を排泄します。
b .トマト
  @ ルチンは血圧を下げます。
  A 胃のむかつきをすっきりさせます。
  B 脂っぽい食べ物からくる胃のもたれを解消します。
  C ストレスへの抵抗力をつけます。
c.   キュウリ
  @ 体内に生じた余分な熱を冷まし、調整します。
  A 足がほてって眠れない場合は、キュウリの切り口で足の裏をこすると、清涼感が得られよく眠れます。
d. .トウモロコシ
 胃腸を丈夫にし、元気をつけるはたらきがありますので、食欲がないときにはピッタリ。
e. スイカ
  果肉の90%以上が水分で、ビタミン類は少ないがカリウムが多く、高血圧に効果。熱を冷まし、暑さを忘れさせてくれるはたらきと利尿効果が高いです。

2. とうがらしの辛さが夏バテに! 
 
 とうがらしの入った辛い料理を食べると、身体がカーッと熱くなり汗をかきます。でもしばらくして汗がひき、なんとなく爽快な気分になります。
 手軽な調理
@  トマトジュース+タバスコ+こしょう
A  キムチ+おかゆ
B  インスタントみそ汁+一味とうがらし


★ 睡眠こそ夏バテの特効薬

 「眠れば治る」「寝たらイヤことも忘れる」の言葉通り、睡眠は身体にも心にも活力を与えてくれます。 


<心をリラックスさせる工夫を>
@ 真夏にぐっすり眠るためには、快適な室温が必要で、クーラーを使用する場合は28度ぐらいにする。その時、冷風が身体に直接あたるのを避けるようにします。
A   一晩中、冷風にあたり続けると身体の表面の熱が奪われ、身体を疲れさせます。クーラーはオフタイマーを使い、風向きは天井に向け、扇風機は首を振るようにします。
B  固めの布団やマットで背骨を伸ばして眠るようにした方が身体が休まります。
C 夏の入浴はシャワーになりがちですが、暑さでほてった身体を冷まし、リラックスするめには、ぬるめのお風呂にゆったりと入る方が良いです。

店内で、漢方煎薬が飲める薬局
清和堂薬局
新座市野寺2-7-21
048-478-2790
定休日は日曜日・祝日です。
漢方煎薬 1包 418円

ティーバック式漢方で、簡単で便利な『レンジで5分』で出来上がり、豊かな味と香りを楽しめます。
ページの先頭に戻る

  トップページ / 商品一覧 / 店 舗